FF15体験版 ジャッジメントディスク

FF15の2回目の体験版にあたるジャッジメントディスクの感想レビュー。
ファイナルファンタジー15自体は11月29日に発売されるため、日本向けにゲームを購入するか
どうか判断してもらうべく、無料で体験版を日本限定配信されたものです。
ストーリーだけ進めれば1時間弱くらいで攻略できてしまう程度の内容でしたが、
チュートリアルや収集要素などを加えて遊べば長いこと遊べる内容になっております。

ジャッジメントディスクでは初めにFF15の操作性に慣れてもらおうと、
チュートリアルをプレイすることができます。これは別にやらなくともいいものだが、
バトル要素の基本的な部分を学ぶことができたので、体験版といえどもあって良かった。
魔法の使い方の基礎の部分なども学ぶことができました。


実際にゲーム本編のチャプター1の途中までを体験することが可能で、
リード地方を探索することができました。
リード地方のマップはかなり広大なもので、端っこから移動するだけでもかなりの
時間がかかる。1回目のダスカ地方より広いのではないのか?といった具合で、
徒歩での移動だとダルく感じてしまうほど圧倒的に広いものだった。

まさにオープンワールドさながらで、エリアにはエネミーが数種類配置され、
宝箱のトレジャーや、食材を調達したりとひと通りできることが揃っている。
夜になればシガイという強烈に強いモンスターが徘徊することもあるので、
エリアには緊張感が走るし、雨が降ることもあるのでリアルな舞台が構築されてました。



ジャスティス モンスターズ ファイブ(ジャスモン)

スマートフォンのジャスティス モンスターズ ファイブ(ジャスモン)の感想レビュー。
配信はスクエニで、ジャスモンはFF15ユニバースと呼ばれる
FF15(ファイナルファンタジー15)を知ってもらうために、入口を増やそうと計画された
事業の一つに入るゲームです。
平たく言うとFF15の広告的なミニゲームといった感じでしょうか。

ジャスモンはピンボールゲームで、FF15本編にも収録されているミニゲームです。
一応設定ではFF15の主人公のノクティスや仲間たちがお気に入りのゲームで、
ノクティスに至ってはゲームのハイスコアを叩き出すのが趣味なのだとか。
よって本編ではジャスモンの筐体が各地に設置されていて、ノクティスたちは
筐体を見つけるとこぞってゲームを遊んでいるということになるのでしょう。


ジャスモンのストーリーは基本的に無いというか、チュートリアル部分だけが
ストーリー構成になっていて、攻略後は各ステージ毎に用意されたものをクリアしていく
流れとなっている。クリアすると達成スコアに応じてゴールデンボール(GB)が得られ、
それを使用してショップでエネルギータンクの購入や、モンスターガチャを行える仕組みです。

ですのでストーリーはハッピーボムが自爆してジャスティスモンスターズを
軽く紹介した内容が最後で、それっきりストーリー的なものはなく、ただただゲームを
進めていく内容となっていました。これはFF15本編においても無いようです。