スターオーシャン5

PS3、PS4ソフトのスターオーシャン5の感想レビュー。
今作のナンバリングは約6~7年ぶりに新作が発売されました。
販売はスクエニで、開発はトライエースです。

スターオーシャンとは星の海のことであり、SF+ファンタジーRPGと言ったところです。
一度の発売日延期が発表され、さらにPS3版は一ヶ月遅れの発表があり、
PS4版が先行発売されることになった。

縦マルチの販売であるが、PS3版は若干のグラフィック処理の緩和が入っており、
草などあまりいらないものが排除され、遠くに見えるエネミー処理がされ、
ゲームマシンに負担のかからないように工夫されてます。
PS4では60fpsなのでPS3版よりは良いが、そこまでPS3版が見劣りするものでもなし。


スターオーシャン5のストーリーは、地球から6000光年離れた惑星フェイクリードが舞台で、
隣国同士で戦争になっており、その不安定な時期を暗黒の7年間と呼んでいる。
主人公の父親・ダリルも軍に所属しており、度々最前戦で攻めてくる隣国と戦っている。
一方、主人公のフィデルはスタール村で剣術修行に励んでいるような青年です。

そこにスタール村を襲う盗賊が絡み、そして謎の少女リリアと遭遇することにより、
次第にリリアを助ける方向性になっていく物語でした。
スターオーシャンは小難しい宇宙歴などがありますが、そういったことはまったく気にせずに
プレイできるような感じです。むしろストーリーに関してはシンプル且つ幼稚な内容なので、
良くも悪くもすんなり頭の中に入る内容かと思います。悪く言えば薄っぺらい物語かな。


スターオーシャン5ではシームレスに進化している。
フィールドと街へ出入り、街や宿屋へ出入り刷る際はローディングが必要であるが、
フィールドからバトルにおいてはローディング無しでスムーズにバトルが開始されるのが魅力だ。
だが、×ボタンでダッシュができるとはいえ、設置されているボタンに問題があり、
ダッシュしながら右スティックでカメラアングルを動かせないのはすごく残念であった。

バトルでは小攻撃、大攻撃、ガードの3すくみによる攻防が展開されているが、
そこまで気にする必要は全くなく、中盤頃からは大攻撃の必殺技をメインに連発すうように
なっていくので、この3すくみの関連はどこか崩れているようにすら感じられる。
とはいえ3すくみの関係に勝利すれば超必殺技であるリザーブラッシュが使えるゲージが
増えていくため全く無視されるシステムでもない。

そこにステップや大人数バトルなのでキャラクターチェンジ、攻撃をうまく繋げることにより
キャンセルボーナスによる攻撃力アップ、他にはコンボボーナスなどが用意されている。
それは意識することなく普通にプレイしてればいいので、気にする必要はまったくなかった。