スターウォーズ バトルフロントのベータ版

PC、PS4、Xbox Oneでプレイできたスターウォーズ バトルフロントの感想。
正確にはまだ製品版は発売されていないため、2015年10月8日に世界規模で開催された
オープン・ベータにおけるレビューです。
製品版では改良が加えられ、仕様が異なっている可能性もあります。

スターウオーズバトルフロントでは、映画スターウォーズの舞台をゲームに仕上げている。
開発はEAのDICEによるもので、今作では第3作目になります。
でもゲームタイトルはStar Wars Battlefrontと名付けらている。


検索で調べると第1作目の情報が出てきたりして何だか紛らわしいですね…
さすがに無いとは思うが、Star Wars Battlefrontを購入したら1作目だったらさすがにショックか。
ハードは新世代機で作られているので質感などはかなりリアルに仕上がっている。
縦マルチで販売しなくて良かったといえる内容かと思います。

プレイヤーは基本的にストーム・トルーパーや反乱軍の兵士となって、
ブラスターで撃ちあったり、補助武器となるスターカードを使用して戦うシューター系のゲーム。
カメラ視点は一人称と三人称の切り替えが用意にできることもあり、
アクションゲーム感覚でプレイできるのが特徴的でした。
そこにオンライン要素が加わっているので、最大40対戦ができるのが魅力的ですね。