サイコブレイク

ハードはPS3,PS4、Xbox360/one、PCで発売されている三上真司の
サバイバルホラーのサイコブレイクについての感想。
制作はタンゴ・ゲームワークスによるもので、販売はベセスダのほうです。
サイコブレイクは新規IPのゲームです。

主人公は刑事をやっているセバスチャンという少し渋めのオッサン。
相棒はメガネをかけて合理主義なジョセフ。
セバスチャンとは正反対な性格ではあるが二人はコンビであり、相性はいいようだ。
そこに新しくチームに編成されることになった新米のキッドだけ女性。

とある精神病院で起きた事故を調べることになり、
サイコブレイクの世界に足を踏み入れることになる。
ストーリーはチャプターごとに分かれており、バイオハザードのような感じです。
どこだかよく分からない不思議な世界観に迷い込み、
幽霊のような謎のルヴィクという男が時たま現れ、グロっちいクリーチャーと戦うことになる。

舞台はビーコン精神病院とルヴィクが作り出した世界を行き来することで
現実なのか夢の世界なのか分からなさが漂い、ホラーを引き立てている。
ジョセフやキッドと組むことがあり一緒に同行することはあれども、
基本的にはセバスチャンが一人で行動することの方がずっと多い。